Courte Paille
~天然石やリネン、シルクを使ったアクセサリーづくり
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

クルトパイユ

Author:クルトパイユ
シンプル・イズ・ベストラブ

お問い合わせ・ご注文は
こちらまで。
courtepaille09@gmail.com

ホームページ
http://courtepaille.web.fc2.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

SAKKA no ZAKKAご挨拶
RIMG0465.jpg 先日、東京・国立にある
「SAKKA no ZAKKA」さんへ
 久しぶりに年末のご挨拶を兼ねて
 いってきました。

 編み物、染色、陶器、アクセサリーなど
 たくさん作家さんの作品がセンスよく
 陳列されております。


RIMG0475.jpg
こちらのSAKKA no ZAKKAさんに
ネックレスを多めに納品してきました。

パールやスワロフスキーのシルクコードネックレス、
真鍮粒を使ったロングシルクコードネックレス達。

早速、オーナーの方に陳列していただいて^^
野外イベントでのディスプレイとは
雰囲気が少し違う感じで新鮮デス。


RIMG0473.jpg 店内ではumumさんのバレッタとランチ
 トートのワークショップが開催中。
 わいわいと楽しそうな雰囲気。
 
 ちゃっかり私も見学させていただいちゃました。
 レースやボタン、ファーなどいろいろな材料を
 自分チョイスであわせ縫い付けていきます。
 みなさんそれぞれの感性であわせていくので
 見てて楽しい^^
 
 やっぱりものづくりって楽しいなー。
 次回は私も必ず参加しようと決意いたしましたヨ。


SAKKA no ZAKKAさんにおいてある
ひとつひとつの作品をじっくりと眺めるのも
楽しみのひとつ。

RIMG0468.jpg


ここにいると、ゆっくりと時間がすぎていくのが心地よいのデス。

SAKKA no ZAKKA
186-0004東京都国立市中2-3-6
tel. / fax. 042-505-5323
http://sakka-no-zakka.com/shop.html

OPEN
10:00-17:00
日曜定休(年末年始休業)

  

スポンサーサイト
お店 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/12/14(火) 21:06 ]

SAKKA no ZAKKA
20100418ぞうしがや 263
Courte paille クルトパイユのアクセサリーを
お取り扱いいただけるお店がまたひとつ増えました^^

東京・国立にある手作り雑貨のお店
SAKKA no ZAKKA」さんです。

国立は学生街ということもあり、アンティークショップや
おしゃれなカフェ、レコードショップがたちならび、
並木道の樹たちの緑がきれいなとても住みやすそうな街。
山口百恵さんもすんでます^^

女子高校生がきゃーきゃーイイながら
アンティークショップのイギリスレースハンカチをみて
もりあがっている姿にほほえましく思ったり。


20100323 036 富士見通りにならぶSAKKA no ZAKKAさんは、
 ひとことでいうと”いい風ながれているところ”。
 オーナーの星野さんのすてきな人柄が
 お店のすみずみまでいきわたっていて、
 ガラスのコップや陶器、ポストカード、
 ニットのアクセサリー、リネンワンピースなど
 ひとつひとつ丁寧につくられた作家さんたちの
 作品がすてきな空間に並べなれています。

 こちらはumumのよっちゃんの個展に遊びに
 いった時に紹介いただき、できた縁です。
 よっちゃんに大感謝です。ありがとう。


クルトパイユはシルクコードシリーズのブレスレット、アンクレット、ネックレス
こちらでお目見えしております。


ぜひ近くにお越しの際はお立ち寄りください~

SAKKA no ZAKKA
186-0004 東京都国立市中2-3-6
tel 042-505-5323
10:00-17:00

お店 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/05/14(金) 09:42 ]

ちょっと一息
ebisu_tezukuri 046
池袋雑司が谷の手創り市の帰りに
最近よく寄っているトコロがあります。
そこは「キアズマ珈琲」。
けやき並木の沿道に
レトロな外観がしっくりあっているのです

少しモダンなデザインでありながらも
昭和のかほりを感じる店内に
ふーっと一息。

私の好きなアラビア社やウエッジウッド社のカップを
取り揃えていて、どんなカップが運ばれてくるかなーと
わくわくするのも楽しみのひとつ。


ebisu_tezukuri 040珈琲を丁寧にいれている店長さんの
珈琲への愛情を感じ、味わいながら
今日の出会いをふりかえったり、今度は
どんなのをつくろうかなと考えたり、
手創り市の反省会をのんびりする
大切な時間。

となりの人がほうばって
おいしい!と言っていたホットドック、
気になっているので次回は注文しようと決めてみたり。
手創り市あとのひそかな楽しみでもありマス「キアズマ珈琲」。
そういう場所がみつかると うれしくなります

お店 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2010/01/27(水) 23:48 ]

copyright © 2017 Courte Paille all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。